アプリ制作ツール「Shoutem(シャウテム)」について

初めてスマートフォンを見た時、この携帯電話がここまで世の中に普及するとは、当時の自分は考えもしなかった気がします。それどころか、iphoneの登場に関しても、当時から熱狂的だったAppleファンのみのマニアックな商品だと感じていました。

ところがiphoneはまたたく間に世の中を変え、多くの人たちがiphoneを購入し、このiphoneブームによってスマートフォンは爆発的に普及していきました。

スマートフォンと共に世の中を変えたのはアプリの存在で、アプリは多くの人々の生活を変えていきました。

一昔前には、写真を撮るのはデジカメで、動画を撮るのはハンディカム、そしてインターネットを見るのはパソコンだったのが、今ではそのすべてが、スマートフォン1個で何でも出来る時代になりました。

アプリ開発ツールツールを使う人々

そしてiphoneに続いてアンドロイドのスマートフォンも続々発売され、現在ではその数はiphoneを超え、今ではアンドロイドの利用者の方がiphone利用者を上回るというデータも発表されています。

実はアンドロイドとiphoneではその中で動いているプログラムが全く違います。
iphoneがObjective-CやSwiftといった言語で動いているのに対し、アンドロイドはjava言語で作られていて、当然互換性が無いので、それぞれアプリのプラットフォームも中で動いているプログラムも別々で作られていました。

ですので、スマートフォンが出来たばかりの頃は、アンドロイドアプリに特化している、アプリ制作会社とiphoneアプリに特化しているアプリ制作会社がほとんどでした。

つまり両方でアプリをリリースしたい場合、初めてどちらかのアプリを制作してから、もう片方のOSで動作確認を行うという作業が発生していて、その分開発期間も開発コストもかかっていた時代もあります。

そんな開発コストを劇的に安くするサービスが、プログラム知識がなくてもアプリが作れる、アプリ制作ツールというサービスで、アプリ制作で一番のコストは人件費です。

中でもアプリ開発エンジニアは、かなり難しいアプリ制作言語を使えるということで、高額な年収を払わないと集まらなく、それがプログラム知識のない人でも作れるようになった事で、アプリ開発の知識がない人でも作れるようになったのがアプリ制作ツールです。

アプリ制作ツールの中にはHTML5を利用してアプリ開発が開発出来るツールも多く、その中でも人気が高いのが「ShoutEm」です。

「ShoutEm」はHTML5で開発出来ることによって、アンドロイドアプリ、iphoneアプリ、両方で開けるだけではなく、ブラウザからもアクセス出来るWebアプリも同時に開発出来るので、開発コストを下げるだけではなく、使い勝手が良いのも多くの人たちに選ばれる理由です。

ドラッグ&ドロップで開発する他のツールに比較して、HTML5を活用する「ShoutEm」は、自由度の高いレイアウト売りになっています。

費用も月額12,000円と格安ですが、まずは無料トライアルを無料で試せるので、一度無料トライアルでアプリ作りを体験してみるのもオススメです。

Filed under: まとめ — 23:12:00