アプリ制作ツールMONACA(モナカ)について知りたい

スマートフォンが急激に普及してきたことで、その利用者数は20代の9割以上に普及し、30代でも約8割以上に普及しています。若者の大半がスマートフォンを使っているということは、若者たちのネット利用環境も大きく変わってきたということを意味しています。

スマートフォンが無かった時代にはインターネットを見るためには、パソコンを開いてインターネットからホームページやWEBアプリケーションへアクセスし、さまざまなサービスを利用していました。

しかしスマートフォンが普及したことで、今や人々のインターネットへの入り口はスマートフォンアプリへと変化していきました。

人々の情報の入り口がパソコンのインターネットからスマートフォンアプリになったことで、世の中のさまざまなWEBサービスやホームページはアプリ化され、パソコンでは表現出来なかったような新しいサービスもアプリサービスとして普及しています。

例えば、スマートフォンに搭載されているカメラ機能や、GPSと連動した地図機能と連携したアプリなど、スマートフォンアプリの普及で、世の中はどんどん進化しています。

時代がスマートフォン中心の生活になっていったことで、多くの企業や人々がアプリ作りに参入し始めています。

これからアプリ制作を始めようと考えている人たちにとって、一番のネックはどうやってアプリを作るべきか?という開発方法についてだと思います。

アプリ制作ツールのロゴ

一番簡単な方法はアプリ制作会社に依頼することですが、莫大な費用がかかってしまうため、最近では、初心者でも簡単にアプリが作れるアプリ制作ツールを利用して、アプリ開発を始める人も増えています。

アプリ開発ツールにはさまざまな種類が増えていて、一体どのアプリ開発ツールを選んでいいのか迷ってしまいます。

アプリ開発ツールを比較してみると、月額費用がかかるものから、初期費用も月額費用もすべて無料のアプリ開発ツールがあり、そのほとんどがアンドロイドアプリ、iphoneアプリどちらかに特化しています。

しかし、アンドロイドアプリ、iphoneアプリ両方で使えるハイブリッドアプリが無料で作れる「Monaca」というアプリ開発ツールが人気があります。

そのクオリティの高さは、多くの有名企業も「Monaca」でアプリ制作をしていることからも実証されています。

しかも「Monaca」の凄いところは実際にハイブリッドアプリケーションを開発するとなると、通常はiphoneアプリであればMacOSのマシンを用意してPhoneGapの環境を整え、制作したアプリをiphoneでテストするなどの作業がありました。

ところが「Monaca」ではそのまま実機での動作が確認可能なので、その利便性からも初心者から経験者まで多くのアプリ制作者から支持されています。

Filed under: まとめ — 23:09:00