アプリ制作ツールのメリット・デメリットを比較してみた

これから自社アプリを作ってみたい。自分でアプリ制作にチャレンジしてみたいという人にとって、自分で一からアプリ開発言語を覚えるというのは容易なことではありません。

最近ではアプリ制作ツールをいろんな会社がサービスとして提供しており、中には初期費用だけではなく、月額の費用まですべて無料という会社も増えています。

それらのアプリ制作ツールを比較した場合、まずは大きな違いとしては費用の違いです。

やはりこれから初めてアプリ制作にチャレンジしたいとなれば、いきなり有料のアプリ制作ツールよりは当然、初期費用も月額費用も、すべて無料のアプリ制作ツールの方が気軽に始められると思います。

しかも、無料だから有料のアプリ制作ツールより品質が落ちるのかと思えばそういうこともなく、実際に初期費用も月額費用もすべて無料のアプリ制作ツールで、大ヒットアプリを作ったという人もいます。

つまり有料だから品質が良い、無料だから品質が悪いという訳ではなく、実際にそれぞれのアプリ制作ツールの機能や作れるアプリの種類、自分がどういうアプリを作りたいのか?という目的に応じて、有料のアプリ制作ツールや、無料のアプリ制作ツールを選ぶというのが間違いないと思います。

しかも以前のアプリ制作ツールといえば、アンドロイド、iphoneいずれかに特化していたので、アンドロイド向けのアプリ制作ツール、iphone向けのアプリ制作というように、いずれかをターゲットにアプリ開発をする必要があり、それはアプリ制作ツールが登場する以前も同じ状況でした。

仕事

そしてアンドロイド、iphone両方に対応するには、それぞれのアプリを作成し、App StoreとGoogle Playに登録する必要がありました。

ところが最近のアプリ制作ツールにはHTML5を活用したハイブリッドアプリもあるので、ハイブリッドアプリが作れるタイプのアプリ制作ツールでは、アンドロイド、iphone、両方に対応していて、App StoreとGoogle Playの登録も簡単に出来ることも利点です。

そもそもアプリ制作ツールを使う一番のメリットは何かと言いますと、アプリ開発プログラムの言語の習得やプログラム開発が出来なくてもアプリが作れるということ。

これがアプリ制作ツールを利用してアプリ制作をする最大のメリットだと思います。

次に大きなメリットしては、アプリ制作費用を大幅に削減出来るということも、アプリ制作ツールを利用してアプリ制作を行うメリットとなります。

通常、アプリ制作ツールを使わないでアプリ制作を行うとなった場合、アンドロイドアプリであればjava言語でのアンドロイドアプリ経験のあるエンジニアが必要で、iphoneアプリであればObjective-CやSwiftといった言語で、アプリ開発経験のあるエンジニアが必要になります。

しかもアプリ開発だけではなく、App StoreやGoogle Playに登録する作業もありますので、サーバー周りの知識が必要なので、AWSなどの経験者も必要になります。

これらのすべての言語の知識と経験を持ったアプリ開発エンジニアは、世の中にはそう多くいないので、そのほとんどが分業での作業となります。

つまりアンドロイドアプリを作れるエンジニアとiphoneアプリを作れるエンジニア、そしてサーバー周りの開発経験のあるエンジニアという具合に、それぞれの経験者を雇うことになるのです。

もし仮に一人辺りの平均月収が80万円だとすると、3人のエンジニアにかかる月額の人件費は240万円になりますので、仮にアプリの開発にかかる期間が5ヶ月だった場合、単純に人件費だけで1,200万円という費用がかかる計算となります。

しかもアプリ制作ツールではApp StoreやGoogle Playに登録する作業もすべて、素人でも行える仕組みになっていますので、それがすべて無料で行えるアプリ制作ツールと比較した場合、費用面では比較にならないほど価格破壊が起こったといえます。

実際にアプリ制作ツールで作られたアプリが、有名企業や有名アパレルサイトの公式アプリとして利用されている状況を考えると、アプリ制作会社に制作してもらうアプリと比較しても、クオリティは全く引けを取らないどころか、むしろ高額な料金で作ったアプリよりも、ハイスペックだったりします。

新しいスキル

アプリ制作ツールを利用してアプリ制作をするメリットは費用や、コストをかけずにハイスペックなアプリが簡単に作れるところなのですが、逆にデメリットは全くないのでしょうか?

実際にアプリ制作ツールでアプリを作ったことがあるのですが、正直アプリ開発に必要なjava言語、Objective-C、Swiftといった言語が無くても、感覚的にアプリが作れるアプリ制作ツールがほとんどなので、そういう意味では、アプリ開発の初心者でも誰でもアプリが作れます。


しかしデメリットとしては、自分で作らなければいけないという労力と、アプリ制作ツールによっては多少HTMLなどのホームページ位を作った経験程度のWEBの知識があった方が有利な作りのアプリ制作ツールもありますので、アプリ開発の知識や経験も、アプリ開発に必要な言語がわからなくても大丈夫というのは、全く嘘ではありませんが、WEBやITが苦手な人にとっては、アプリ制作ツールでも、ツールの種類によっては多少苦戦する可能性がありえます。

自分で作ったり調べたりすることすら面倒臭いと感じる人にとっては、当然誰かが作ってくれるわけではありませんので、その手間がデメリットと感じる可能性があります。

Filed under: まとめ — 22:22:00
大人気アプリ制作ツールYappli(ヤプリ)が知りたい

有名なアパレルブランドなど、有名企業が導入したことで話題になっているアプリ。

「Yappli」とは、ハイスペックなアプリ制作をアプリ開発言語の知識不要で作れるということで、多くの企業がアプリ制作で活用しているアプリ制作ツールです。

この「Yappli」が他のアプリ制作ツールと比較して支持されている大きな理由としては、なんといってもそのクオリティの高さと機能面に尽きると思います。

費用としてはまずは無料体験版でアプリ作りが体験出来るのですが、その後は機能によって要見積りのようですが、調べてみたところ、月額9800円程度でその後の運用も自分たちで簡単に出来て、しかもアンドロイド、iphone両方に対応したアプリが作れるのです。

アプリ開発の攻略本

アプリ制作ツールにはそれぞれ特色があって、ゲームに特化しているアプリ制作ツールもあれば、無料でアプリ作りを体験させる目的の気軽なアプリ制作ツールもありますが、この「Yappli」は完全にビジネス使用になっていて、この「Yappli」で作ったアプリによって、売り上げのアップや集客アップ、顧客満足度のアップなど、プロモーションに活用出来るのが特色です。

そういった「Yappli」のデザイン性や機能面から、「Yappli」利用企業の約8割がファッション系ブランドとEC系企業が占めています。

最近の企業やファッション系ブランドでは、プロモーションツールとして、FacebookやTwitter、InstagramなどさまざまなSNSを運営しており、「Yappli」を導入することによってこれらのSNSを一元管理出来るという利点があります。

店舗とネットショップ両方で使えるポイントシステムの導入にもアプリ化は必須で、「Yappli」導入によって、アプリ経由の集客でEC売上が伸びたという事例も多いのです。

そういった利用者の口コミからも、「Yappli」はただ単にプログラム知識が無くてもアプリが作れるアプリ制作ツールではなく、集客やプロモーションに活用出来るプロモーションツールとして、認知されているという見方もあります。

通常のアプリ制作会社にアプリ制作を依頼した場合、数百万とか数千万という金額が、かかっていましたが、それが広告費用、プロモーション費用、アプリ開発費用、
すべて込みで月額9800円程度と考えると、集客やプロモーションで、多くの資金を使っている企業にとってはある意味プラスことではなく、むしろコストダウンの話にもつながります。

コストダウンにもつながり、売り上げアップが見込める「Yappli」が、ファッション系ブランドやEC系企業に絶大な信頼を受けているのはそういった理由であり、
世の中のSNS化をいち早く「Yappli」を導入することで囲い込むことが出来るというのも、「Yappli」を導入する大きなメリットとなります。



Filed under: まとめ — 0:00:00
お店用アプリを作るなら「アプスタ」がオススメ

事務用品やテプラでお馴染みのキングジムがドリームネッツと、
2013年5月にスタートしたサービスが無料でスマートフォンアプリを制作出来る。
アプスタ」というアプリ制作ツールです。

今では多くのアプリ制作ツールが世の中にありますので、どこをどう比較していいかも、
よくわからないと思いますが、まず皆さんが気になるポイントとしては、費用がどれ位かかるのか?ということと、その難易度、そして出来上がりのアプリのクオリティだと思います。

スマートフォンアプリには、アンドロイドアプリとiphoneアプリが存在しますが、今回ご紹介する「アプスタ」はアンドロイドアプリとiphoneアプリ両方に対応しています。

つまり「アプスタ」でアプリを作ることで、アンドロイド、iphone、どちらからでも利用できるアプリが無料で作れるのです。

アプリの開発というと、通常自分たちでアプリ制作が出来ない場合、アプリ制作会社に依頼するのが普通でしたが、その場合、高額な製作費用がかかり、その他にもアンドロイド、iphoneそれぞれの登録には、App StoreやGoogle Playに登録する費用がかかりました。

アプリ制作に必要なパソコン.

ところが「アプスタ」では、そういったアプリ開発の初期費用である開発費用や、登録費用などの初期費用が一切かからずにオリジナルアプリを作れるということで、これからアプリを作りたいと考えている企業やお店に支持されています。

なぜ企業やお店に多く支持されているのかというと、クーポン付きレターの配信やニュースレター、フォトギャラリー、スタンプ機能などのプロモーション機能が企業やお店のPRに活用できる点と、今ではプロモーションに必須なソーシャル機能が利用出来ることも、「アプスタ」が大きな人気の理由です。

昔からホームページが企業やお店のプロモーションに必須だったように、今ではアプリを持つこと自体も企業情報だったり、お店情報をPRするプロモーションであり、そのプロモーションに必要な多くの機能を網羅していながら、無料でオリジナルアプリを作れるのが「アプスタ」なのです。

しかも「アプスタ」で作ったアプリの掲載情報の入力や変更も、PCやスマートフォン、タブレットにある専用の管理画面から簡単に変更出来るのもポイントです。

ちなみに初期費用はかかりませんが、アプリのダウンロード数に応じて、100件までのダウンロード数に対しては無料で、101件以降は1000件までが、100ダウンロードごとに月額2000円、1001~5000件の場合月額3万円、5001~10万件は月額5万円となっています。

そして課金はダウンロード数が101件を超えた初回のみで、従量課金とは別にサーバ設定費1万円が必要になります。

お店のプロモーションでアプリの導入を検討している場合、「アプスタ」はオススメです。



Filed under: まとめ — 0:00:00
アプリ制作ツール「Shoutem(シャウテム)」について

初めてスマートフォンを見た時、この携帯電話がここまで世の中に普及するとは、当時の自分は考えもしなかった気がします。それどころか、iphoneの登場に関しても、当時から熱狂的だったAppleファンのみのマニアックな商品だと感じていました。

ところがiphoneはまたたく間に世の中を変え、多くの人たちがiphoneを購入し、このiphoneブームによってスマートフォンは爆発的に普及していきました。

スマートフォンと共に世の中を変えたのはアプリの存在で、アプリは多くの人々の生活を変えていきました。

一昔前には、写真を撮るのはデジカメで、動画を撮るのはハンディカム、そしてインターネットを見るのはパソコンだったのが、今ではそのすべてが、スマートフォン1個で何でも出来る時代になりました。

アプリ開発ツールツールを使う人々

そしてiphoneに続いてアンドロイドのスマートフォンも続々発売され、現在ではその数はiphoneを超え、今ではアンドロイドの利用者の方がiphone利用者を上回るというデータも発表されています。

実はアンドロイドとiphoneではその中で動いているプログラムが全く違います。
iphoneがObjective-CやSwiftといった言語で動いているのに対し、アンドロイドはjava言語で作られていて、当然互換性が無いので、それぞれアプリのプラットフォームも中で動いているプログラムも別々で作られていました。

ですので、スマートフォンが出来たばかりの頃は、アンドロイドアプリに特化している、アプリ制作会社とiphoneアプリに特化しているアプリ制作会社がほとんどでした。

つまり両方でアプリをリリースしたい場合、初めてどちらかのアプリを制作してから、もう片方のOSで動作確認を行うという作業が発生していて、その分開発期間も開発コストもかかっていた時代もあります。

そんな開発コストを劇的に安くするサービスが、プログラム知識がなくてもアプリが作れる、アプリ制作ツールというサービスで、アプリ制作で一番のコストは人件費です。

中でもアプリ開発エンジニアは、かなり難しいアプリ制作言語を使えるということで、高額な年収を払わないと集まらなく、それがプログラム知識のない人でも作れるようになった事で、アプリ開発の知識がない人でも作れるようになったのがアプリ制作ツールです。

アプリ制作ツールの中にはHTML5を利用してアプリ開発が開発出来るツールも多く、その中でも人気が高いのが「ShoutEm」です。

「ShoutEm」はHTML5で開発出来ることによって、アンドロイドアプリ、iphoneアプリ、両方で開けるだけではなく、ブラウザからもアクセス出来るWebアプリも同時に開発出来るので、開発コストを下げるだけではなく、使い勝手が良いのも多くの人たちに選ばれる理由です。

ドラッグ&ドロップで開発する他のツールに比較して、HTML5を活用する「ShoutEm」は、自由度の高いレイアウト売りになっています。

費用も月額12,000円と格安ですが、まずは無料トライアルを無料で試せるので、一度無料トライアルでアプリ作りを体験してみるのもオススメです。

Filed under: まとめ — 23:12:00
アプリ制作ツールMONACA(モナカ)について知りたい

スマートフォンが急激に普及してきたことで、その利用者数は20代の9割以上に普及し、30代でも約8割以上に普及しています。若者の大半がスマートフォンを使っているということは、若者たちのネット利用環境も大きく変わってきたということを意味しています。

スマートフォンが無かった時代にはインターネットを見るためには、パソコンを開いてインターネットからホームページやWEBアプリケーションへアクセスし、さまざまなサービスを利用していました。

しかしスマートフォンが普及したことで、今や人々のインターネットへの入り口はスマートフォンアプリへと変化していきました。

人々の情報の入り口がパソコンのインターネットからスマートフォンアプリになったことで、世の中のさまざまなWEBサービスやホームページはアプリ化され、パソコンでは表現出来なかったような新しいサービスもアプリサービスとして普及しています。

例えば、スマートフォンに搭載されているカメラ機能や、GPSと連動した地図機能と連携したアプリなど、スマートフォンアプリの普及で、世の中はどんどん進化しています。

時代がスマートフォン中心の生活になっていったことで、多くの企業や人々がアプリ作りに参入し始めています。

これからアプリ制作を始めようと考えている人たちにとって、一番のネックはどうやってアプリを作るべきか?という開発方法についてだと思います。

アプリ制作ツールのロゴ

一番簡単な方法はアプリ制作会社に依頼することですが、莫大な費用がかかってしまうため、最近では、初心者でも簡単にアプリが作れるアプリ制作ツールを利用して、アプリ開発を始める人も増えています。

アプリ開発ツールにはさまざまな種類が増えていて、一体どのアプリ開発ツールを選んでいいのか迷ってしまいます。

アプリ開発ツールを比較してみると、月額費用がかかるものから、初期費用も月額費用もすべて無料のアプリ開発ツールがあり、そのほとんどがアンドロイドアプリ、iphoneアプリどちらかに特化しています。

しかし、アンドロイドアプリ、iphoneアプリ両方で使えるハイブリッドアプリが無料で作れる「Monaca」というアプリ開発ツールが人気があります。

そのクオリティの高さは、多くの有名企業も「Monaca」でアプリ制作をしていることからも実証されています。

しかも「Monaca」の凄いところは実際にハイブリッドアプリケーションを開発するとなると、通常はiphoneアプリであればMacOSのマシンを用意してPhoneGapの環境を整え、制作したアプリをiphoneでテストするなどの作業がありました。

ところが「Monaca」ではそのまま実機での動作が確認可能なので、その利便性からも初心者から経験者まで多くのアプリ制作者から支持されています。

Filed under: まとめ — 23:09:00